2013年09月

2013年09月29日

マクサジアとCRF250LモトロマンSplとか

この週末は、お台場で開催されたモタードイベント
”マクサジア”に遊びに行ってきました。

DSC00099

伝説の「お台場」開催とあって、かなりの台数がエントリーしていて
皆、楽しそうに走ってました。

20130928_130829

天気も、見事な秋晴れとなり
観戦するにも最高の一日でした。


そして、こちらは併催のFIMアジア選手権(?)


DSC00144

日本代表??と、アジア各国のライダーが
ヤマハのWR250Xによる完全なワンメイクレースを行いました。

すごいと思ったのは、ヒート1で優勝したマレーシアの選手。

きれいなライディングで、ウィリー一つを取っても
とても安定していて、ライディングのレベルの高さが良く分かりました。


DSC00091


イベント全体としては、参加型レース・・・お台場版「レアル1」と言った感じで
普段レースに出ないような方々も、「お台場」というスペシャルな場所で
楽しくワイワイレースをしている雰囲気がとても良かったですねー

と、言う事で
自分はあちこちのブースに顔を出させてもらい


20130928_134825

みんなで記念写真を撮ったり

DSC00130

天野パパと談笑したり

DSC00097

ヤギ!?と遊ばせてもらったり。


DSC00119

ガンダム観に行ったり。

DSC00134

キレイなお姉さん(華ちゃん)に遊んでもらったりと
充実した?一日を過ごさせてもらいました^ ^


そして、今日はモトロマンに行って来たんですが
あの市販車、CRF250Lのモトロマンスペシャルが置いてありました!

20130919_205505

まだ、制作途中だそうですが
このホイールとタイヤの大きさのバランスが絶妙で
むちゃくちゃカッコイイ!!

20130919_210055

加藤店長のこだわりポイントとして

サーキット走行を前提に考えると
バンク角を稼げる、長足のCRF250Lをベースに作ったほうが良い。

との事です。

CRF250M(モタードモデル)のリムサイズだと
スリックやハイグリップタイヤを探すのが難しいようなので

どうせ、リムを替えるのなら
長足のCRF250Lをベースに作ったほうが
高次元の走りが出来そうですね。






Comments(7)TrackBack(0)

2013年09月23日

SSキラーズ 第2戦

昨日は、ホームコース桶川スポーツランドで開催された
「SSキラーズ」に参戦してきました。

Dsc00063
*小学校時代の友達がご家族で応援に来てくれました^ ^
たろうくん、ありがと~

今回もチームメイト高山くんのピットに便乗させてもらいました。
Dsc00020
おかげで、快適な一日を過ごすことが出来ました。
高山くんありがとー


今年から始まった、中型バイクのシリーズ戦なんですが
今回は85台も集まりました!


モタードは4クラス(3レース)です。
各レースの台数は

・市販車(スリック禁止)のSPクラス 12台
・ビギナークラスとエキスパートクラス 8台
・スーパーエキスパートクラス 12台

SPクラスが12台集まったのは、うれしいですねー

街乗り状態に、キャッチタンクやワイヤリングをすれば出れるクラスなので
今後は、排気量でクラス分け出来るくらい集まってくれることを期待したいですね。

ビギナー&エキスパートクラスは、タイムアタックで、ついに43秒台に突入~
決勝も激戦で、観ていて楽しかったです!

初優勝のゴリさん、おめでとうございます^ ^

このSSキラーズには、車種を問わないノービスクラス(50秒以上の人)があり
高山くんの「モタフレンズ」でモタードデビューしたTKTさんが出場
初レースで見事4位!
こちらもおめでとうございます。次回はぜひ表彰台を目指して頂きたいですね^ ^

Dsc00019

そして、自分の出た「スーパーエキスパートクラス」
なにがスーパーか?って、今回はタイムアタック42秒台が6台も!!

こちらも近年稀にみる激戦でした。

250ccマシンで42秒をたたき出す中木選手
現役ロードライダー、野左根選手に津田選手

そして、関東ロード常連3人組?が42秒台

他にも、メキメキ実力をつけてきた、岩崎選手と森選手は43秒前半のタイムを出し
油断ならない存在になってきました。

Dsc00021

レースは3番手走行中に転倒してしまい、桶スポの主 古川選手の貫録勝ちで終わりましたが
とても走りがいのあるレースでした♪

決勝中のタイムは、42.4秒を記録
たしか、42秒前半って4年前に出して以来かも・・・(汗

Dsc00049

でも、今回は確かに走れている手ごたえがありました。
その一つの要因がエンジンです。

8月の関東・東北エリア選手権で壊してしまったエンジンですが
モトロマンの加藤店長が、ハードスケジュールの合間をぬって組み上げていただきました。

今回エンジンに新たな試みが施されているんですが
ここ数年悩まされていた、高速の伸びが劇的に改善され
走っていて、気持ちいい!!

レースの結果はアレ?ですが、とても収穫の多い一日でした。


今回のレースも、優位メカの中村さんを始め
ぎっくり腰を治療していただいた、ももたろう鍼灸院さん
腰痛バンドを貸してくれた中木選手
片づけを手伝ってくれた皆様などなど

沢山の方々にお世話になりました。
この場をお借りして、お礼申し上げます!


Dsc00033

あ、キャンギャル?しまおさんもありがとう^ ^


Comments(3)TrackBack(0)

2013年09月16日

ハングオン特訓

ヨンゴー本番車が復活しないため、この週末は
通勤バイク「バンディット250V」でハングオン特訓してきました。
20130914_144716


最近桶スポは、一日6本も走れる日が多く、クラス分けもされているので
走り込むのにちょうどいい!

この日は、桶スポの中型バイクレース
SSキラーズの1週間前ということもあり
モタードはもちろん、ロードバイクも沢山走りに来てましたね。

バンディットでまともに走るのが2回目とあって
真剣に走ろうとポンダー付けてタイム計測してみました。

すると、とんでもなく遅い(汗)
いや~焦りました^ ^:

かなり本気で走ってみても、49秒台がやっとです。
たしか、初めてXR250でモタード走行したときのタイムより遅いかもです。

スピード上げてコーナリングすると
ステップが擦ってしまうので、立ち上がり重視にするも
エンジンがまるでついてこない。

常に1万回転以上をキープしないと、ペダルが欲しくなるくらい加速しない事がわかりました。

カタログでは40馬力オーバーって書いてあったはずなのに・・・。

走行後、バイクの状態をチェックしてみると
ステップどころか、マフラーやサイドスタンドステーも削れてます。

市販ロードバイクって、サーキット走るには
沈みこみ過ぎるサスペンションや、ステップ等の変更など
結構手を加える必要がありそうですね。

その点、ホンダの新しいCBR250なんかは
サスさえいじれば、サーキットをしっかり走れるように作られてるみたいです。

正直、興味なかったバイクですが
ちょっと乗ってみたくなってきましたね!

でも、走らないエンジンに、バンクが浅い車体など、
タイムをあげようと一生懸命ハングオンしたので、いい練習が出来ました^ ^


この三連休、台風が日本列島を縦断してますが
全日本スーパーモタード選手権の第6戦は、雨も降らず無事終わったみたいですね。

結果やMFJのレポートをみると、九州勢の活躍や、各クラス順位の変動があって
大いに盛り上がったようです。

参加した皆さん、お疲れ様でした。


そして、台風の影響が桶スポに及ぶんじゃないかと心配してましたが
荒川の水位に目だった変動はないので、きっと大丈夫ですね。

初めに書きましたが、来週末は桶スポのSSキラーズ第2戦です。

今回は、モタードクラスが大盛況~!
特に市販車クラスが一気に増えてきて、嬉しいかぎりです。

自分はというと、なんとかギリギリ
エンジンが組上がるかもしれないという状況ですが
取り合えずエントリーいたしました。

もし、間に合わなかったら
バンディットではしろうかな(笑)

そうそう、エンジンがいった関東・東北エリア選手権のときの写真を
時間差攻撃で、しまおさんからいただきました。

IMG_2539


IMG_2655


IMG_2725


こうして写真を撮ってもらえるのは、ほんとありがたいです。
ありがとうございます。

Comments(4)TrackBack(0)

2013年09月08日

モクモクと

本番車のエンジンは、モトロマンの加藤店長が
忙しい中、作業を進めてくれているので

こちらはこちらで、久しぶりに車体をバラして
モクモクと洗浄&グリスアップしてました。

20130908_093149


ベアリング類には、水の混入はなく
いい状態でホッとしました。

今年は、岸沢さんお勧めの厚手のグラフィックを貼っているので
結構転んでる筈なのに、外装はピンピンしてて助かります♪

20130908_110225



とここでご報告です。
来週は、全日本スーパーモタード選手権の第6戦ですが
残念ながら欠場いたします。

参加される選手の皆さん
結果を楽しみにしてますよー

そして、その次の週(22日)は、ホームコース桶川スポーツランドのSSキラーズです。
こちらには、なんとかマシンが間に合うといいのですが・・

このSSキラーズは、モタードと中型ロードバイクのレースですが
レース初心者が参加しやすいクラスが設定されてますので

興味のあるかたは、ぜひ参加してみてください。

当日は、ツナギが無くても走れる
体験走行枠もあるみたいなので

出場しない方も、ぜひバイクでお越しくださいね^ ^

Comments(4)TrackBack(0)

2013年09月02日

アンダーガードのススメ

みなさん、モタードバイクで走行中にエンジン壊してしまった
悲し~い経験ありますか?

はい、実は先週の関東・東北エリア選手権のイベントレースで
愛車、CRF450Rのエンジンが逝ってしまいました・・・。

幸い、リヤがロックすることもなく
無事?生還できた訳ですが

ピットに戻って、よ~く見てみると
エンジンの前面に穴が開き
コンロッドらしき物体が、「こんにちは^o^」してました。

下の画像は、モトロマンにて加藤店長が四苦八苦しながらも
原因を探求しようと、丁寧にバラしてくれたエンジンです。

20130901_183316-2

コンロッドの根元が、見事に破断!
三つの壁を突き破って、穴が開いてました。。

今回は、穴が開いたのはエンジンの前面であり
エンジンオイルのほとんどが、漏れずに残り
わずかに漏れたオイルも、装着していたアンダーガードに溜まっていました。

しかし、コンロッドの折れ方によっては、エンジンの下面を突き破ることもあります。

そうなると、CRFの場合0.6~0.7リットルのオイルを
サーキットにブチ撒ける事になります。

この件は、ホームコース桶川スポーツランドの鎌田君(J-GP2選手)とも
前々から話しているんですが、今のモタードバイクは
コースにオイルをブチ撒く危険性が非常に高く

コース管理者としても、ライダーとしても対策を立てていきたい。
いや、立てていかなければ行けない事だと思います。

とは、行っても
いきなりレギュレーションでオイルパンの装着を義務付けしたところで
そもそも、装着出来る製品がないのが現状です。

そこで、自分は既存のアンダーガードに、付属でついている
泥詰まり防止用のスポンジを入れてみたりしています。

また、他のかたがつけていた
フルカバータイプのアンダーガード

20130323_122515

なんてのでも、ケースを割ってしまった場合に
路面に漏れだすオイルを、かなり軽減出来ると思います。

実は、とあるメーカーに提案書は提出させてもらっているんですが
やはり、そこは商売。

売れないことには作ってもらえません。


でも、良く考えてみてください。
目の前を走ってるバイクから、白煙があがったときには
間違いなく巻き込まれます。

コーナーであろうと、直線だろうと。
初心者であろうと、上級者であろうと
巻き込まれます。

レース中、特にスタート直後であれば
大惨事です。

その原因を作ったのが、自分だとしたら。。。。


はい、そうです
今回は自分がやってしまいました(汗)

いままで以上に、真剣に対策を考えなきゃいけませんね。

Comments(2)TrackBack(0)