2016年02月28日

Club MotoRoman 解散

2009年に発足した
SUPER MOTARD TEAM Club MotoRomanは

チーム母体である、モトロマンが閉店する為
2015年の活動を持って解散することになりました。

この7年の間、モトロマンを始めとする多くの方々のご協力を賜り
非常に多くの、輝かしい成績を残す事が出来ました。

また、レース活動等を通じて、たくさんの皆様と過ごしてきた時間は
とても大切な財産となっています。

P1060493
(2010年開幕戦)


<7年間の主な活動実績>
2009年 moto1 -Openクラスチャンピオン(渋井) moto2クラスチャンピオン(高山)
2010年 moto1-Opneクラスチャンピオン(坂牧)
2012年 moto1-Opneクラスチャンピオン(高山)
2013年 S-1 PROクラス・ランキング8位(坂牧)
2015年 S-1 PROクラス・ランキング6位(坂牧)

故、佐藤健二代表より
「社会人チームとして、モータースポーツと社会生活を高い次元で両立する活動を目指してください。」
と指導いただき、他の模範となるべく高い志を持ってチーム活動を行ってまいりました。

101_0074
(2009年事前練習)


チームは解散しますが、ここで培った経験を糧に、各自更なる高みを目指し活動を続けてまいります。


DSC_0712
(2009年 チーム発足時の合同練習)

P1060480
(2010年美浜)

RIMG0182
(2011年SUGO)

RIMG2914
(2012年琵琶湖)

RIMG0053
(2013年モタデューロ)

D2N_0388
(2014年モタフレンズ)

motami 415
(2015年LOVE+MOTARD)

motami 455
(2015年LOVE+MOTARD)

IMG_0740

7年間、本当にありがとうございました。
Club MotoRoman 一同



Comments(1)TrackBack(0)

2015年12月09日

サトケンさんへ

モトロマンの佐藤健二代表が急逝され、最後にお別れを言いに行ってきました。

IMG_0985

駐車場には、まるでレース会場のような特設ピットが設けられ
思い出の品々や、パネルが展示されており
参列者の皆様は、故人との思い出を偲んでいました。

20代の頃の顔は、やんちゃそのもの!
現役の頃の走りを、ぜひ生で見たかったです。


「社会人チームとして、レースと仕事を両立させる、良い見本となってください。」
2008年のチーム設立時に、託された言葉です。

監督+店長+渋井+坂牧-2-2

モータースポーツを発展させて行く事が、サトケンさんの目標であり
アマチュアスポーツとして、生涯楽しんで欲しいという考えから

レース活動が、仕事や生活にプラスになるような関わり方をするようにと
常々おっしゃられていました。

私は、モトクロスやロードレースなどの経験が無いも関わらず
モタードチーム Club MotoRomanのリーダーを任せて頂き
今、とても充実したレース活動を行えています。


このようなチャンスを与えて頂いたサトケンさん

そして、会うたび
あの大きな手で握手をしてくれたサトケンさん

もう会えないなんて、悲しくてたまりません。


「スポーツは勝ち負けがあるから盛り上がるし楽しいですね。しかし、場外で利権争いをしていては、そのスポーツは衰退していってしまうでしょう。」

モータースポーツの発展を望み、真剣に取り組んでいた課題に関する言葉です。
常に前を向き、目標に向かって力強く歩んでいました。

本当に偉大な方を亡くしてしまいました。

自分には小さな事しか出来ませんが
モタードの仲間達と協力して、サトケンさんの想いを引き継いでいきます。

ありがとうございました!!


Comments(0)TrackBack(0)

2015年11月29日

2015 SMJ総括

2015 全日本スーパーモト選手権
S-1 PROクラス #20 坂牧隆夫

開幕戦 美浜サーキット
  ヒート1 5位  ヒート2 7位

第3戦 エビスサーキット
  ヒート1 7位  ヒート2 5位

第5戦 スポーツランドSUGO
  ヒート1 11位 ヒート2 4位

第6戦 琵琶湖スポーツランド
  ヒート1 4位 ヒート2 7位

第7戦 名阪スポーツランド
  ヒート1 10位 ヒート2 8位

最終戦 茂原ツインサーキット
  ヒート1 2位 ヒート2 5位

=2015年 ランキング6位=

今年はマシンを新調するなど
これまでのレース活動を見直し
表彰台登壇を目標にかかげ取り組んでまりました。

Dsc00008-2


昨年までに比べると、タイムアタックから入賞を狙える位置につけ
決勝でも入賞する機会が増えて来ていましたが

最終戦で2位表彰台という、これまでにない結果を残し
無事今年の目標を達成する事ができ、安堵しています。

S-1 PROクラスという、強豪ひしめくクラスにおいて
優勝する事は、並大抵の努力では獲得することはかないませんが

来年もしくは再来年に、実現できるよう前進して行きます!

~プロモーションビデオを製作いただきました~




Comments(0)TrackBack(0)